作成者 山田 正和
会社名 北村三昌館印刷所
テーマ 版から考える作業効率化
日時 2018年 1月27日18時30分〜
場所 総合生涯学習センター
参加人数 15名(オブザーバー1名を含む)
内容
  • 株式会社和光の大西氏を講師としてお招きし、版に対する知識や、ターゲットに対しての適切なデータ作りの術を学ぶ。・昨年のラベルコンテストについての講評。
総評 今回の会議は通常の会議とは異なり、株式会社和光の大西氏に講師としてご協力頂き版についての勉強会を主題として行いました。
内容としては工程や構造の基本的な知識をベースに、聞き慣れない単語の意味も含めて非常に解りやすく説明してくださいました。
普段私達の立場では商品として完成された版を見る機会しかないと言っても過言ではないのですが、構造や仕組みに触れる事によって新たに提案や相談が出来る事もあるように感じました。
多種多様な用途に対して様々な特性を持つ版の種類がある中で、新しい試みであるフレキソ版についても用途に於いて非常に可能性を感じる商品と思いました。
今回は常日頃ではなかなか聞けないような疑問なども直接聞く事ができ、大変有益な会となりました。ご協力頂いた大西氏にこの場をお借りして厚くお礼申し上げます。
また今回は工場長会として昨年のラベルコンテストについての講評も行いました。昨年参加された皆さんの感じた事などの話からラベルコンテストそのものへの取り組み方などの話に及びました。
「コンテストに参加する=賞を目指す」のは勿論ですが、本当に大切なのは参加する事の意味であり、それは結果以上に大切なのはゴールまでのプロセスをどのように捉えるかであり、また結果に対してのフィードバックをどう考えるかである、との話が印象的でした。
また、この度現場責任者会議では会議以外での情報交換の場としてメーリングリストを作成する事にしましたので、ご興味を持たれた方は私山田までご一報ください。