「第30回シールラベルコンテスト」結果発表

経済産業大臣賞は精英堂印刷㈱(東北協組)が6年ぶり6度目の受賞

全日本シール印刷協同組合連合会では10月16日(金)「第30回シールラベルコンテスト」の結果を発表した。
本来ならば、同日開催予定の第62回年次大会・東京汐留大会(ベルサール汐留)にて発表・表彰式を行う予定だったが、コロナ禍の影響で同大会は中止となったために結果発表を誌面で紹介することになった。
同コンテストは7月1日から8月20日を応募期間として開催され、全国の組合員・会友から、53社98作品(昨年57社101作品)の応募があった。このうち応募に際して特別な制限がなく技術・デザイン両面を評価する自由課題には31作品(昨年38作品)、連合会の技術・特許委員会が用意した版下データを用いてレタープレスの技術を競う規定課題の平圧部門は29作品(昨年25作品)、同輪転部門への応募数は38作品(昨年38作品)だった。
結果についての詳細は「連合会のホームページ」にてご確認ください。